Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

September 23, 2015

日本ラグビーの快挙!

泣いた。

 

深夜、イングランド南部ブライトンからの映像を見ながら

僕はたぶん阿呆のように声をあげ、感激と感動のあまり涙があふれた。

 

まさかこんな日が訪れるとは思わなかった。奇跡。史上最大の番狂わせ。ジャイアントキリング。日本スポーツ界最大の快挙。みんな確かにその通りだ。しかしどんな言葉をつくしても、日本がラグビーで南アフリカに勝ったという壮挙を表現するには物足りない。

僕は、アナウンサー試験を受けていたころ、面接官に「国立競技場でラグビーの実況ができるなら、人生の5年と交換してもいい」といった。夢がかなって国立で実況できたのはそれから4年後。10年後の99年にはウェールズで第4回のW杯を実況することかできた。

ちなみにその時のジャパンは、サモア、ウェールズ、アルゼンチンに1勝もできなかった。

当時のエースCTBの元木選手は敗因をきかれ、「一番言いたくないけど、体力の差」

と答えたことが忘れられない。

 

試合後、勝因を問われたマイケル・リーチ主将は「フィットネスで負けなかった」ことを挙げた。99年の敗因は「体力の差」だといった。体力=フィットネスである。確かにこの日のジャパンは、後半20分過ぎても走り負けなかったし、能力とそれに基づく明確な戦術があった。

ディフェンスにおいてブレイクダウンの局面から、最初のボールキャリアに対して必ず2人がタックルに入っていた。どうしてもパワーで劣るジャパンは、相手の下にタックルに入ればボールをつながれ、上に入れば跳ね飛ばされる。なら上と下に同時にはいってしまえ、という単純な考えだ。当然直後相手に数的優位を許すが、攻撃をワンタイミング遅らせることでこちらのディフェンスを整える。と書けば簡単だが、この「ダブルタックル」を80分忠実に繰り返したこの日のジャパンはまさに称賛にあたいする。

 

これまでの日本は自分たちで勝手に限界を作ってしまっていたかもしれない。

前半29分 相手ゴール前5m地点のラインアウトから、ドライビングモールを仕掛けたときは、おいおい相手は南アフリカだぜ。とうとう気でも狂ったかと腰を抜かしたものだ。

しかしそこでトライを奪うのだから、勝手に限界を見ていたのはこちらだったのか。

たぶん裏付けはあったのだろう。ドライビングモールは力ではなく技術だという話を聞いたことがある。南アのモールの弱いところDFの欠点をかなり研究していたのではないか。

 

なによりこの試合で称賛したいのは、ジャパンが南アより「美しい」ラグビーを見せてくれたことだ。後半28分 相手ゴール前ラインアウトから右OPに展開。見事なサインプレイで完全に南アフリカを翻弄してしまったFB五郎丸のトライだ。

これはまさに日本ラグビーの精華というか伝統工芸というか、相手をひきつけすれ違いざまにパスを通して狭いスペースをスピードで駆け抜ける、決して力任せではない日本ならではの実に美しいトライで、大会終了後も今大会のベストトライに挙げられるだろう。

 

さて日本ラグビー協会が今やらなければならないことは、日本のラグビーをここまで強化したエディー・ジョーンズHCの留任であろう。報道によれば、W杯直前エディーは別のチームとの契約を終えたようだが冗談ではない。その倍のギャラを用意し代表HCに何としてでも引き留めるべきだ。

 

次戦は、わずか中3日でスコットランド。しかも相手は初戦である。

なんなのだこのあまりに不公平な日程は。要するに日本などW杯ではまるで相手にされていなかった歴史がこういう日程に表れているわけで、この試合大変厳しい。賢明なケルト人たちはジャパンのダブルタックルに当然対抗する策を講じてくるだろう。しかし勝つかあるいは接戦にもちこめればそれは南ア戦勝利以上の価値がある。

 

 

 

April 27, 2015

神宮球場のこと

Kicx2780

神宮球場が秩父宮ラグビー場とともに
移築?新設されることが発表された。

この由緒ある重厚な建物がなくなってしまうのは
さびしい気がするが、たしかに他の球場にくらべると
いろいろ手狭なのはあきらかで、
たとえばラジオのレポーターの居場所は、
「つば九郎」君と同じ場所で、人が二人すれ違うのがやっとの通路で
彼、ご存じのとおり体が大きいので、
「あ、ちょっとごめんねえ」なんていいながら
お互いに仕事しているのです。
ええ、彼とてもいいひとなのです。いや鳥なのです。(^^)

4月25日 ヤクルト5-0巨人

Kicx2781

ヤクルト石川投手の魔法のような投球を
堪能しました。



January 06, 2011

あけましておめでとうございます

正月3日は久々の箱根駅伝復路の総合実況。
年末年始これの準備等で忙殺されるのは例年の事ながら
今年は特に・・・・・こたえました。(^^;)・・・・・・

しかし早稲田、東洋のわずかに21秒差という、
箱根史上に残る大接戦を実況できました。
又 宝物が一つ増えた感じです。

18年ぶりの優勝を期待され、とんでもないプレッシャーのかかる中、
それでもどこか飄々とし、胴上げされるためにダイエットをしている、
(いやけっしてそうではないのだけれど)なんて話題を提供してくれる
早稲田渡辺康幸監督。

陸上選手である以前にまず一人前の人間であれと説き、座右の銘は
「礼を正し、時を守り、場を清める」という東洋の酒井俊幸監督。

なんとなく名前も似ているこの新世代の監督が火花をちらした、
長く記憶に残る箱根駅伝でした。

てなわけで、一般社会ではとっくに正月が終わっている中、
僕はヘトヘト・・・・・・
昨日は中山競馬場で馬券あたらず。内馬場で気分転換。
めったに行くことはないけどなんか別世界でした。天気も良かったし。

Dsc_0005

November 30, 2010

ひそかなる楽しみ

浜松町文化放送1階のコンビニは僕のメインダイニング(^^;)です。
現在、主にパンを買ってシールをためると、」ミッフィーーマグが
もらえるのだ。

ちなみに前回は「リラックマスープカップ」だったのだが
期限ぎりぎりでようやく、そしてはじめてGetしたのだ。

今回も頑張ろうとおもっているんです。


Lawson

ひそかなる楽しみなのだ。ムフフ・・・・

November 28, 2010

第30回ジャパンカップ

ゴール後の審議内容のアナウンスを聞いたとき
「あれ まずいかも・・・・」
と思ったら、やっぱり降着になってしまいました、ブエナビスタ・・・・
馬券を買っていたわけではないのですが、
さすがに自分の実況したG1レースが目の前で降着になると
なんか複雑・・・・・

10jc2

有馬記念で雌雄を決してもらいましょう(^^)

10jc1

これ実況のとき手元に置く出走表です。

January 05, 2007

「お正月」

正月がおわって少しホッとしながら
家で箱根駅伝のビデオをみている。
今年は平塚中継所で実況したが
意外に毎年箱根駅伝は平塚中継所という
「点」しか見ていないので
映像を通じて全体をみながら「こういう駅伝だったのか」と感じている。

これから極端な少子化時代が訪れる。
教育産業 特に大学は受難の時期が目の前にせまっているなか
こういったスポーツイベントで大学もテレビを通じてなんとしてでも
広く自分の大学をPRしたい。
そんな雰囲気は駅伝の取材で各大学を訪問するとひしひしと感じさせられることが
あるのだが 選手はそんなこととは関係なく純粋だ。

ただ走る。ひたすら仲間のために。チームのために「襷」をつなぐ。
そんなあまりにも単純で純粋ななにかが見る人をひきつけてやまないのだろう。
今ビデオを見ていても 結果がわかっているのに目が離せない。

年末の有馬記念 元日の天皇杯 箱根駅伝と例年のごとく忙しかったのだが
「紅白」もなんとなく見れたし 年賀状もしっかりかいた。
ここ数年みられなかった「ウィーンフィルのニューイヤーコンサート」もみたし
(メータはイマイチやね)カミサンの実家にも挨拶にいったし
なんだか今年は余裕あったのかなあなんて思う正月明け。

明日からはA&Gアカデミーのウィンターセミナーで講師をやって
ラグビーの大学選手権決勝の実況が終われば
僕の正月勤務が終わります。

January 01, 2007

「あけましておめでとうございます」

Dsc_00282_1 あけましておめでとうございます。

今日1月1日は
サッカー天皇杯決勝
レッズXガンバの実況を
しなければならず
はやく寝て睡眠をとるべきなのですが
なんだか夜更かししてます。
で2日と3日は
箱根駅伝の平塚中継所の
実況といわゆる三が日すべて
仕事なのはありがたいことです。

仕事が立て込んでも現在体調がいいので助かります。
ちょうど有馬記念の週が最悪でのどが痛く咳がとまらず
ひどいめにあっていたのです。
まあこの商売この季節は「声がでなくなったらどうしよう」と
つねに不安におののき恐怖にふるえながら
仕事しているのです。

さて明日いや今日はたのしくいい実況をしよう。
レッズXガンバなんて願ってもない好カードです。

てなわけで今年もよろしくお願いします。

December 18, 2006

「バルサ 敗れる」

Barusa
クラブW杯
横浜で見かけた
ロナウジーニョと
デコ!





こんなに美しいサッカーがあるのかと思った。
それほど準決勝のクラブアメリカ戦のFCバルセロナは素晴らしかった。
次々につながるトリッキーなパス。堅実な仕事に徹するボランチのモッタ。
あふれる才能を惜しみなく披露するデコ。
これが「控え選手」かとため息をつかされるジュリのスピード。
自ゴールまえに壁のように立ちはだかるプジョル。
そしてなによりロナウジーニョ・・・・・・
もう勝利が決まった試合終了間際 3人のDFに囲まれながら
体を反転させてのループシュートをクロスバーに「当てて」みせたのだ!
すごい もう ホント 言葉を失う美しいプレーだった。
かつてヨハンクライフは「勝つときはやや汚く強引でよい しかし
負けるときは美しく」といったがこの日のバルサは「美しく勝利」してみせた。

クラブW杯は世界一を決める大会だ。
世界中からメディアが押し寄せ 実は取材の資格を得るのも大変なのだ。
僕のような放送権をもっていない東洋の島国のアナウンサーにあてがわれた
取材席は雨にぬれ手元でメモをとるのもままならなかったが
あまりのバルサの素晴らしさに試合中 僕は時を忘れた。

で決勝である。
クラブの歴史上初の「世界一」を目指したFCバルセロナだが
インテルナシオナルの右SBシアラーがロナウジーニョを徹底マーク
右へ左へとポジションをかえてなんとかマークをはずそうとするが
しつこいシアラーに後半途中からロナウジーニョはあきらめたわけではないだろうが
ピッチから「消えて」しまった。

こういうインテルナシオナルのサッカーは決して「美しく」ない。
だが勝つときは「汚くて」よいのだ。

一方のバルサは「美しく」負けたのか。
いやあどうだろう。エトーとメッシが健在なら何とかなっただろうか・・・
サッカーは難しい。

世界一にはなれなかったがやはりバルサは強烈な印象を心に残してくれた。
歴代トヨタカップで来日したチームの中でも最高のチームであったと思う。
なによりあの「バー」に「当てた」ロナウジーニョのシュートを生で見られた。
夢のような瞬間だった。人に自慢したくなる一生の宝物だ。

November 27, 2006

「実況はオグリキャップ!」

Dsc_0058

















なごむでしょ(^^)

November 20, 2006

「ポッドキャストはじめました」

お知らせです。

文化放送のホームページから「競馬実況」が
ポッドキャスト配信されることになりました。
こちらからどうぞ

Futyu1





































秋のG1シリーズ実況中。
今週はジャパンカップ! ディープインパクトが「怒り」のレースを見せる!

ポッドキャストでもお楽しみください。

Futyu2

















写真と本文は関係ありません。念のため・・・・

より以前の記事一覧