Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« May 10, 2015 - May 16, 2015 | Main | September 20, 2015 - September 26, 2015 »

June 18, 2015

ハリルジャパンの多難

サッカーW杯アジア2次予選

日本0-0シンガポール

Kicx2870

試合後ハリルホジッチ監督は、
「19回ほど決定的なチャンスをつくったのに点が取れない
このような試合は初めて」と嘆いて見せた。

記者会見場にいた僕は、いや居合わせた日本人全員が、
「いやいや、このような試合を何回もみせられてきたんだよ」と心の中で
監督に突っ込んだであろう。

そう いままで何回このような試合に記者席で歯ぎしりさせられたことか。

アジアレベルの試合で「ひいて守るだけ」の相手からどうやって点をとるか。
これは永遠の課題のように思えるが、でもまあ、およそ2つしか方法はないのだ。

①中央を固められるので、サイドをえぐってそこを起点にする。
②縦のポジションチェンジで、引いた相手を「引っ張り出し」
 その裏のスペースを狙う。

①に関しては不動のサイドアタッカー長友が欠場したのは不運だった。
さらにこの戦術で点を取ろうとするなら、センターフォワードのファーストチョイスは
岡崎ではない。決して岡崎が悪いというわけではなく、もっと上背があって、
高いボールに強く、ポストプレーを得意とする選手・・・・そうかつての高木琢也や
高原直泰のようなタイプの選手がスタメンにもベンチにも見当たらないのは、問題のような気がする。

②に関しては、この試合でも昨年のW杯のように
相変わらず愚直にポゼッションサッカーをやってしまったわけだが、
場合によってはもっと相手にボールを「もたせて」
「攻めさせて」、引いて守るだけの相手を「引きずり出して」
相手が前に出てきたときに、その裏を狙ってカウンターを仕掛ける
ここで、このチームが目指している「縦に素早いサッカー」
ということができればよいのだろう。
相手はシンガポールだもの。それぐらいできるだろうと思うのだが・・・・

試合後取材をしていると、今回の代表チーム 
コンディション作りがうまくいかなかったという話が漏れ聞こえてくる。
いわゆる海外組の、シーズンが終わったばかりという選手も
合宿でかなりの走り込みをさせられ、
疲労が抜けきらない中で試合当日をむかえたという状況もあったようだ。
それに関しては、僕は合宿の取材までしていないので
何とも言えないが・・・・・・

引き分けでタイムアップ 埼玉に鳴り響いたブーイングの嵐。
しかしそれよりも、何とも形容しがたい、白けた雰囲気が
試合後のスタジアムに横溢したのがとても気になる。

昨年のW杯で1勝もできなかったことや、明らかな格下チームから点が取れない。
結果だけ見れば、日本のサッカーの右肩上がりの時代が終わったのは明らかだろう。

昨年以来の負のスパイラルから何としてでも抜け出さないと・・・・
この試合がいい薬になったと信じたい。

               ~2015年6月16日 さいたまスタジアム2002

« May 10, 2015 - May 16, 2015 | Main | September 20, 2015 - September 26, 2015 »