Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「天皇賞(秋)」 | Main | 「ぶた」 »

November 02, 2006

「必修科目未履修の波紋」

全国の高校で必修科目の未履修があかるみにでて
その騒ぎが収まらない。
受験本番を間近にひかえて受験に関係ない科目を
「補習」させられるなんて高校生にとって迷惑以外のなにものでもない。

学校からすれば生徒に「よかれ」と思ってしたことなのだろうが
「受験科目以外は勉強などしなくてよい」という考えが
「よかれ」では困ってしまう。

僕の時代 大学入試科目は 英語 国語 選択科目の3教科だった。
選択科目は当初「世界史」を選択するつもりだったのだが
これには忘れられない思い出がある。

世界史を選択しようとした理由は「漢字をおぼえなくていいから」だった。
日本史も世界史も暗記科目だ。日本史に比べ
漢字を覚えなくてもいい世界史の方が効率がいいと思ったのだ。 
だがこれを 当時所属していた放送部の顧問の先生に
こんこんと諭されたのだ。

「勉強って物はなあ 受験だけのためにやるものじゃないんだ。
お前がそんな考えで世界史を選択したら受験にも失敗するぞ。
勉強は自分の人生が楽しくなるためにやるんだ。
世界史を勉強することはお前の人生を将来楽しくしてくれるのか?
そんな気持ちで勉強してたら世界史はお前の人生を何も楽しくしてくれないぞ。」

とまあこんなことを言われたのだ。
忘れもしない 放送コンクールの全国大会に向かう新幹線の中でのことだった。
当時は「なんでえ うるせえな」程度にしか思わなかったが
結局僕は「日本史」を選択科目に受験シーズンを迎えることになる。
なぜかは今になってみるとうまくいえないのだが
やっぱり受験のことだけではなく 日本人だから「日本史」は
時間をかけて勉強したほうがいいとおもったのかもしれない。

で日本史を勉強したことは今僕の人生を楽しくしているのか?
どうだろう まあ楽しくしているとは思う。
オリンピックやW杯を実況するとき相手の国の歴史や気質を知っておくことは
必要だ。そのためには日本の歴史をある程度知っているということは
相手国の知識をえる基準 自らの立脚点になるものだ。

受験を目前に控えた受験生にとっては
勉強は受験のためにやるもの それはそれでいい。
でも現場の先生にとってもそうでは困る。
勉強は受験のためだけにやるものではないと
今はいえる。

「補習」が必要なのは先生の方ではないのか。

« 「天皇賞(秋)」 | Main | 「ぶた」 »

「ファミリーの日々」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/12528424

Listed below are links to weblogs that reference 「必修科目未履修の波紋」:

« 「天皇賞(秋)」 | Main | 「ぶた」 »