Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「ワールドカップ開幕!」 | Main | 「ここまでのワールドカップ」 »

June 13, 2006

「日本敗れる」

この試合は文化放送のスタジオで
清水ANの実況をききながら映像を見ていた。
こういったことがあった直後になんらかの発言をすると
たいへん感情的なものになってしまう可能性があるので
メディアに所属するものは注意しなければならない。

一夜明けて冷静になるといろいろなものが見えてくる。

まず確かにこの負けは痛いが
目標である決勝ラウンド進出にむけて
1勝1分1敗は不可能な数字ではない。
むしろ最初からこの実現可能な成績を目指していたはず。
なら結果として「1敗」が初戦にきてしまっただけのことだ。
これは負け惜しみでいっているわけではない。
W杯のグループリーグは3試合270分の成績を争うのだ。
日本は1/3の90分を戦ったに過ぎないのだ。

しかしこの敗戦をうけてジーコ監督が選手の今後の起用を含め
どううごくか興味深い。
率直に言ってこの日の小野の途中投入は不可解だったし
大黒投入も遅すぎた。
相手ヒディング監督の選手交代がことごとくはまったのとは
予想できたとは言え対照的だった。
サッカーの監督なんて試合が始まれば
選手交代以外にすることなんてないのだ。

ジーコ監督が次のクロアチア戦にむけてどんなてをうつか。
これはジーコの今後のサッカー人生を左右する重要なファクターになろう。
W杯後ジーコがどんな身の振り方をするのかはしらないが
監督コーチとしても勝負師として世界から評価されることができるのか。
それとも「選手としては素晴らしかったけど・・・・」といわれるのか
その岐路にジーコはたったといえるのではないか。

この日の夕方の放送で僕は
「暑いという試合場のコンディションは必ず日本に有利に
働くはず」という話をしたのだが 自らの不明を恥じるばかりだ。
穴があったら入りたい。
サッカーというのは本当に単純で複雑だ。
勉強不足を痛感している。

« 「ワールドカップ開幕!」 | Main | 「ここまでのワールドカップ」 »

「アナウンサーとして」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/10506725

Listed below are links to weblogs that reference 「日本敗れる」:

« 「ワールドカップ開幕!」 | Main | 「ここまでのワールドカップ」 »