Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「ドイツにて 5月29日」 | Main | 「べートーヴェンの生家へ」 »

May 31, 2006

「ドイツー日本戦取材記」

Machiday 国際親善試合

  ドイツ代表2-2日本代表



久しぶりに「サッカーを見たっ!」という充実感に
包まれた試合だった。
わざわざドイツまできて本当に良かったと思った。

だって不調が伝えられるとはいえ前回W杯準優勝国ドイツの
ゴールネットを2回も揺らし後半29分まで2-0と
リードを奪ったのだ。
ゴールを決めたのは2本とも高原だが
高原をそれなりに知っているであろうドイツサポーターの
「高原ってあの高原だよな・・・・・」というなんともいえない
どよめきがレバークーゼンのバイアレーナを包んだ。
試合後ドイツメディアからジーコ監督に
「高原はブンデスリーガでもめだった活躍はないのに
なぜ今日はこんなに素晴らしいのか」と質問が飛んだが
それに対し「高原本人にきいてみればどうだい?」
と返したジーコ監督の答えも痛快だった。

しかし2失点はいずれもセットプレーからやられたものだ。
しかも最初の失点は 高原が2点も取ったので
ドイツ守備陣が以降激しいチェックを高原に仕掛け
やや冷静さを欠いた高原のファウルからあたえたFKからの
失点であったと僕の目には写った。
このあたりは微妙だ。
高原が2点もとらなければあの失点はなかったかもしれない。

不調が伝えられていた開催国のドイツだが
2点をとられても強引に引き分けにもちこむあたり
メンタリティはさすがだと思わせた。
勝たないまでも絶対に負けないドイツのサッカーを目の当たりにして
これで本大会に向けドイツも調子をあげるだろう。
僕はW杯開幕戦のドイツーコスタリカ戦を実況する予定なので
生でドイツ代表を見られたのは収穫だった。

さらに後半38分 世にも美しいものを目撃できて幸せだ。
ボランチの位置から中田英が最前線の大黒に通した
あの美しく危険で時の流れを一瞬にして止めるかのようなあのパス!
現在の日本代表のユニフォームには「日本刀の波紋」を
イメージしたデザインがあしらわれているが 
あのパスの弾道には
まさにドイツの空気を切り裂く「妖刀村正」の趣があった

« 「ドイツにて 5月29日」 | Main | 「べートーヴェンの生家へ」 »

「アナウンサーとして」カテゴリの記事

Comments

You could certainly see your expertise within the article you write. The world hopes for even more passionate writers like you who aren't afraid to say how they believe. All the time follow your heart.

Thanks for the marvelous posting! I certainly enjoyed reading it, you might be a great author.I will be sure to bookmark your blog and will often come back down the road. I want to encourage one to continue your great job, have a nice afternoon!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/10329879

Listed below are links to weblogs that reference 「ドイツー日本戦取材記」:

« 「ドイツにて 5月29日」 | Main | 「べートーヴェンの生家へ」 »