Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「プロ野球キャンプレポート 西武編」 | Main | 「アニメスクランブル放送日誌3月3日」 »

March 01, 2006

「日本代表Xボスニア・ヘルツェゴビナ」

ほとほとこのチームのもつ「悪運」の強さに全く恐れ入りました。
そう あえて「悪運」といってしまおう。
完全な負け試合を残り1プレーで引き分けに持ち込んでしまう。
あのワールドカップの一次予選対オマーン戦での久保の決勝ゴール
北朝鮮戦での大黒のゴールなどこのチームは
一体何回 奇跡のゴールをきめれば気が済むのだ。

しかし不思議なものでこのボスニア・ヘルツェゴビナ戦でも 後半ロスタイム
一人相手選手が倒れて時間が浪費され 最後のワンプレーとなってボールがまわり始めたとき なんだか点が入りそうな予感を感じたのは僕だけだったろうか?

サッカー選手を取材していると時折「絵が見える・見えない」という言葉をきくことがある。
自分と周りの選手が試合の様々な場面で 共通のイメージを持ちえる瞬間があるとき
「絵が見える」という表現で言葉になる。
今の日本代表に見えている「絵」はこの「終了間際のゴール」ではないだろうか。
僕は密かにこの現象を「逆ドーハ」とよんでいる。

「ドーハの悲劇」
あの時最後の10秒でイラクにゴールを決められ初のW杯出場を逃した。
日本サッカーが学んだのは サッカーは相手ボールを奪ってから10秒あれば
点が取れる。すなわち最後まで気を抜いてはいけないし あきらめてもいけない
という至極あたりまえのことを日本のサッカーは
ドーハをつうじてDNAに刷り込まれたのだ。
あのドーハと逆のパターンで勝つ日本代表
後半残り1分!となったときに選手もベンチもサポーターも
「同じ絵」を一瞬見ているのではないだろうか。
やはりドーハで得たものは限りなく限りなく大きかったのだ。

そうはいっても 多くの課題がいまさらながら明らかになった試合だった。
ホントいまさらながら サントスの後にできるスペースのケア
これはこのチームにとって致命傷になりかねない。

« 「プロ野球キャンプレポート 西武編」 | Main | 「アニメスクランブル放送日誌3月3日」 »

「アナウンサーとして」カテゴリの記事

Comments

トリノが終わりW杯まであと100日...。4年はあっという間ですね。
スポーツ観戦は好きで、最近はバレーボールVリーグを観戦してきました。
ところで本当に今更ですがFIFAランキングというのは目安になるのでしょうか。
ブラジル、イングランド、アルゼンチンなどは何となく上位クラスというのはわかりますが、対戦するクロアチアなどかなり強豪にみえるのですが...。
WBCも開催されましたが、日の丸を背負うアスリスト達にはぜひとも勝利して欲しいです。
6月は日本中お祭り騒ぎになるんですかね...(^^;

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/8900996

Listed below are links to weblogs that reference 「日本代表Xボスニア・ヘルツェゴビナ」:

« 「プロ野球キャンプレポート 西武編」 | Main | 「アニメスクランブル放送日誌3月3日」 »