Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「アニメスクランブル放送日誌2月10日」 | Main | 「バレンタインデー」 »

February 13, 2006

「巨人に移籍した豊田清投手」

例年のごとくプロ野球のキャンプ取材で宮崎に来ている。
今日は巨人のキャンプを取材したが 
なんといっても今年の巨人の命運を握るのは
西武からFA移籍した豊田清投手だろう。
巨人において いったいいままで何人の「抑え投手」が
試合をぶち壊してきたのか。
それを考えると今年のこのチームの浮沈を握るのは
豊田が巨人においても「絶対的守護神」となれるかどうかにかかっている。

現在はまだ足の状態が完全でなく2軍で調整している。
宿舎も豪華な1軍のホテルではなく 若い選手にまじって2軍の宿舎に泊まっている。
しかしブルペンでのピッチングは素晴らしかった。
本人は「まだまだ」というが 今日は50球ほど なんといってもコントロールが
素晴らしい。わずかにカーブが2球 キャッチャーの前でショートバウンドしただけで
いわゆる抜けたり押さえが利かなかったりという「変なボール」は1球たりとなかった。

西武から「巨人」に移籍したことに関しては
いろいろなことをいわれるのは仕方がないのだが
この豊田という男 自らに「負荷」をかけるのが大好きな男なのだ。
昨年文化放送ライオンズナイターで試合開始直前の番組生出演を 
怪我で一軍から離れていたとき以外シーズン通して果たしてくれた。

番組出演などしていて 試合で結果が出せなければ何を周りから言われるかわからない。
しかしわざわざ自らにプレッシャーをかけることで
圧倒的にモチベーションを高める目的もあったのだ。

巨人に移籍したのも 西武にいればもう抑えの第一人者であることは
約束されているのだが
あえて新しい厳しい環境で自分に「負荷」をかける道を選んだのだ。
だからまだ2軍での調整を余儀なくされている中で 
原監督が「抑えは林にも可能性が・・・・」
という発言があったが そういう環境は豊田にとってはまさに「望むところ」なのだ。
なんて話を先日焼き鳥を食べながらしてくれたのだが
これからさらに豊田に襲い掛かるプレッシャーはおそらく本人は
経験したことのないものになるだろう。
しかし自ら選んだ「茨の道」でみごとに結果を出してくれることを期待しよう。

« 「アニメスクランブル放送日誌2月10日」 | Main | 「バレンタインデー」 »

「アナウンサーとして」カテゴリの記事

Comments

のび太さん、こんにちは。過去の巨人は、フロントが「抑え投手」を軽視して、補強出来ないことが多かったと思います。また首脳陣(監督・コーチ以下)も、1軍&2軍の先発投手から「抑え投手の出来る人材」を「発掘&育成」出来なかったとも思います。そのような中「西武の抑え」豊田投手の加入です。多くの巨人ファンは「凄く期待をしている」と思う反面、去年のミセリ投手のように「抑え初戦での失敗」の「最悪パターンだけはないように」と思っているのではないでしょうか。PS.早稲田大学ラグビー蹴球部、競馬、トリノ・オリンピックのコメントも期待&楽しみにしていますよ。

It's great that you are getting ideas from this post as well as from our argument made here.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/8632676

Listed below are links to weblogs that reference 「巨人に移籍した豊田清投手」:

» 巨人のネタ [ネタ蔵]
巨人のネタを追いかけるヨ! [Read More]

« 「アニメスクランブル放送日誌2月10日」 | Main | 「バレンタインデー」 »