Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「05年クラシックCDベスト10」 | Main | 「アニメスクランブル放送日誌1月13日」 »

January 13, 2006

「ゆたんぽな日々」

年末 娘(小1)と絵本を読んでいたら
サンタクロースが森のお友達にプレゼントを
くばってあるくというお話があって なかでリスが
「ゆたんぽ」をプレゼントされているシーンがあった。

娘「ゆたんぽってなあに?」
そりゃ今の子供はゆたんぽなんてしらないだろう
僕「お湯をいれてね・・・・・・・・・・・・・・・・」
と説明すると 彼女 これは 寒い冬を快適に過ごす
とっても素敵なグッズであると理解したらしく
あっというまにゆたんぽのとりこになってしまったのだ。

リスさんはゆたんぽをもらってあったかく冬をすごしているらしい
欲しい どうしても湯たんぽが欲しいと
こちらの顔見るたび ゆたんぽ ゆたんぽというから
電気アンカでも買ってやるかなあと思っていたら
妻が近所のホームセンターでゆたんぽを発見
即購入してきたのだ。
へえ いまでもあるんだ ゆたんぽ・・・・
KICX0411




とこれがそれである。まさに堂々たるゆたんぽで
素材こそ昔の金属製ではなく
プラスチックだが相当厚い素材でできており
熱湯いれてもびくともしない。
そして「握り手」がついていて
キッチンから寝床まで持っていくのに
熱い思いをしなくてすむ。
さらに購入したときパッケージには「立つゆたんぽ」!
と大書きされており 写真のとおり「立つ」のだが
それには大きな意味はないような気もする(^^)
本体を包む袋がついて値段は800円程度だ。

子供の頃 もちろん電気アンカはあったのだが
なぜか僕はゆたんぽが好きで 愛用したものだ。
ゆたんぽがいいのは 使ったお湯が 翌朝
顔を洗うのにちょうどいい温度になっていることだ。
当時は湯沸かし器はあったけどいわゆる給湯なんて
まだ一般的ではなかったから 冬の冷たい水で
顔を洗わなくてすむゆたんぽのお湯は
大変便利でよかったのだ。

娘は大喜びで毎晩こいつを抱っこして寝ている。
抱っこするものじゃないんだけどね。
でもみているとなんかこっちも欲しくなって
もうひとつ購入 いいわあ ゆたんぽ・・・

それはそうとウチの娘「ゆたんぽ」と発音すると
なぜか「ゆかたんぽ!」となってしまうのだが
それってアナウンサーの娘としては
ちょっとまずくないかい(^^;)

« 「05年クラシックCDベスト10」 | Main | 「アニメスクランブル放送日誌1月13日」 »

「ファミリーの日々」カテゴリの記事

Comments

 他局の番組で申し訳ありませんが私が見た某TV番組では立たせた状態だと袋が掛けやすく熱い思いをしなくて済むと紹介していました。それなりに訳はあるようです。でも湯たんぽいいですよね。じんわりあったかくて。

Hey there! I've been following your blog for a long time now and finally got the courage to go ahead and give you a shout out from Dallas Tx! Just wanted to mention keep up the excellent work!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/8137748

Listed below are links to weblogs that reference 「ゆたんぽな日々」:

« 「05年クラシックCDベスト10」 | Main | 「アニメスクランブル放送日誌1月13日」 »