Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「放送席へようこそ 横浜スタジアム編」 | Main | 「俺ってダメな奴」 »

July 14, 2005

「映画 スターウォーズ エピソードⅢ」

エンドタイトルが現れたとき 思わず
画面に向かって「ブラボー」と叫びそうになった。
見ごたえたっぷりの2時間半 こんなに「ノー文句」の
作品は最近では珍しい。

スターウオーズの第一作(エピソードⅣ)を
劇場で見たのは中学1年のときだった。
映画館は満員で座れずステージに座って見たことを
思い出す。
冒頭 帝国軍の戦艦を底から見上げるアングルで
撮影されたあの映像には圧倒的な印象を
心に刻みつけられ それ以来フリークというわけではないが
このシリーズのファンではある。

当初このシリーズは「アクションSF大作」という趣だったのが
作を重ねるにつれ 複雑な人間関係と世界観を下敷きに
描かれた人間ドラマというふうに変わってきたと思う。

今回のエピソードⅢはアナキン スカイウオーカーという青年が
ダースベイダーという「暗黒面」に堕ちるプロセスが描かれるが
それは最初はただ「愛する人を救いたい」という単純な動機であり
また 自分のことを認めてくれない周囲に対する不審と
自分自身に対するいらだちという その心の隙を悪魔に付け込まれる。
結構下世話な あるよなあこういうことって言うことが描かれるのが
面白い。

「ジェダイマスター」として認めてもらえないアナキンが
くやしさのあまりひっそりと涙を流すシーンは特に僕の心をとらえた。

ストーリーはややこしいのでいままで
このシリーズを見たことがない人には是非Ⅰ ⅡをDVD等で見てから
映画館に足を運ぶことをおすすめする

« 「放送席へようこそ 横浜スタジアム編」 | Main | 「俺ってダメな奴」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/4974268

Listed below are links to weblogs that reference 「映画 スターウォーズ エピソードⅢ」:

« 「放送席へようこそ 横浜スタジアム編」 | Main | 「俺ってダメな奴」 »