Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 「なんかおかしいぞライオンズ」 | Main | 正直言うと »

April 27, 2005

「池永さんの店にお邪魔してきました」

福岡に来ている。
池永正明さんの店にお邪魔してきた。
35年前の球界を揺るがせた「黒い霧」事件の
中心人物となってしまった池永さんの
「復権」がようやく実現した次の日である。

店にはそれを祝う人たちが静かに
そしてひっきりなしに訪れた。
池永さんは送られた花に囲まれ
笑顔を見せながらも マスターとして
精力的に働いていらっしゃる。

店の中に「野球」を彷彿とさせるものは
ほとんどない。
しかし驚くのはその「トイレの落書き」である。
池永さんの復権をねがう多くの人が
メッセージを書き連ね トイレの壁がもう
真っ黒だ。

池永さんの長い長い35年の月日に
思いをはせるとき 僕のようなヒヨッこには
語る言葉が見当たらない。

きいてみた
「マスターの目から見た今の現役ナンバーワン投手は誰?」
間髪をいれずにかえってきた答えは
「松坂にきまっておろう。あれは一番たい」
「でも今シーズンなんか勝てないんですよね」
「そんなもん関係ない。勝てる勝てないの問題じゃなか
松坂 あのボールは夢だ 夢・・・」

そばにいた馴染みのお客さんが口を挟む
「おにいさん ライオンズと名のつくチームのね
すべてのライオンズと名のつくチームのね
エースは4人しかおらんとよ たったの4人よ。
誰か? ははは それはなあ 稲尾 東尾 松坂
そして池永たい」

「いらっしゃいませーーー」
あたらしい客が店のドアをあける。
店は満席 席をたった僕らを池永さんは
出口まで送ってくれて 握手して 店のコースターに
サインまでしてくれた。

池永さん 有難うございました。
そしておめでとうございます。

« 「なんかおかしいぞライオンズ」 | Main | 正直言うと »

「アナウンサーとして」カテゴリの記事

Comments

六月十一日の池永正明氏のソフトバンクとヤクルトの試合の解説では、若菜嘉晴氏が池永正明氏を先輩と呼んでいたのが良かったです。

6月24日の稲尾和久氏と池永正明氏の解説では、稲尾和久氏が池永正明投手の昔の投球を解説していたのが良かったです。

Hello. And Bye.

820381

?????????????????hasegawanobita.cocolog - nifty.com ????????????????!

Currently it appears like Wordpress is the preferred blogging platform out there right now. (from what I've read) Is that what you're using on your blog?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83798/3879150

Listed below are links to weblogs that reference 「池永さんの店にお邪魔してきました」:

« 「なんかおかしいぞライオンズ」 | Main | 正直言うと »